☆minnie's Tagebuch☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「1リットルの涙」見てますか?
だんだん筋肉が衰えて身体の自由がきかなくなってしまうという実話。

ちょうど学校でも「キリスト教と倫理」という授業で、安楽死と尊厳死について学んでるテーマで「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」というものにかかってしまった患者さんについて毎週学んでいます。
ドラマは脊髄によるものだけどALSも似たようなもの。
知識とか感情は衰えないのに筋肉が徐々に衰えて、最後には呼吸さえもできなくなってしまうものなんだって。頭ではこうしようって思うのに動かないっていう葛藤の苦しみがあるんだよ。しかも治しようがないんだって。

でもね、この病気にかかった人はね、全然病気に負けてないの。あたしたちより積極的で明るくて前向きで社交的で。精一杯楽しんで生きてる。苦しいはずなのにすごく幸せそうなの。
それはね、
あたたかく支えてくれる人が多かったから
色々な人との出会いに支えられてきたからだって。

なんでここまで人のこと思いやれるのかな。
一つ一つ動作するの困難でも、できるまで努力して、がんばるし。苦痛を苦痛とは思わない。みんながいるからがんばれるって。

すごいよね。
それ見てたら、あたしみっともない。
つまんないことでイライラ、文句ダラダラ…
情緒不安定って言葉に頼って。
ただただ甘えたいだけ。自分を甘やかしたかっただけなんだって、思い知らされちゃった。こんな事言えるのもきっと自分が病気じゃないって思ってるからなんだよね、きっと心のどこかでさ。

ほんとあたしちっちゃい。ばっかみたい。
病気になった人の方が病気が治らないっていうことに生きることに対する絶望感があったはずなのに、あたしはちょっとしたことで、つらいとかもうすべてが嫌とか、その絶望感よりもつらいように感じてて…

何してんだろって、思い知らされた。
あたしの周りにもたくさん支えてくれる人がいるのに。
あたしのつまらないくだらない話聞いてくれる人たくさんいたんだって。みんなが側にいてくれてることが幸せなの。それでその人たちのためにがんばろって思いました。

だからっていうかブログ更新しちゃいました。

それから、自分の夢思い出した。偽善っぽく聞こえるかもだけど、
あたしね人を笑顔にしたい。人が喜ぶサービスして、笑顔で旅立てるお手伝いがしたいんだ。旅行行く時も笑顔で出発してほしいし、家に着くまで旅行なんだから、帰る時も「楽しかったね」って笑顔で帰ってもらえるようなサービスを提供したいの。その人の印象に残らなくても、楽しい幸せな思い出の一部の手助けになったらいい。

人が感じる幸せはさ、十人十色でみんなそれぞれ違うけど、それでも少しでも笑顔になる手助けできたらいいな。特にフライトでね!


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
もうお笑いに行くしかないねー、足キャラで。笑。お前のブログおもろいから暇な時更新しなよー
2005/11/23(水) 17:12:37 | URL | おたーけさま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asunarominnie.blog18.fc2.com/tb.php/33-573d93f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Pearl Box
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。